桑野聖(HIJIRI KUWANO)

山口県山口市生まれのヴァイオリニスト・作曲家・編曲家。

6歳よりヴァイオリンを始め、石井洋之助、石井志都子、田中千香士の各氏に師事。
山口県立山口高等学校、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。
東京藝術大学在学中より、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、宮城フィルハーモニー管弦楽団(現・仙台フィルハーモニー管弦楽団)等のゲストコンサートマスターとして活躍する。

小学生の頃から、プロのヴァイオリニストへの道を歩み、全日本学生音楽コンクールなどにも一位入賞。中学・高校時代にはクラシック以外の音楽にも深く興味を持ち、実はギタリストにもなりたかったが、芸大受験の為、断念。キーボード奏者として、同級生達とバンド活動に励んだ。
その頃から、ヴァイオリンをバンドで弾くなどして、クラシック以外での音楽にもヴァイオリンを多く、取り入れるようになった。

現役で東京藝術大学音楽学部器楽科に進んだが、同大学卒業間近にヴァイオリニスト中西俊博から強い影響を受け、ポピュラー音楽へと転向。自らのストリングスを率いて、レコーディング、CM録音、劇音楽録音などのスタジオ活動を始める。

現在、スタジオワークを中心に、浜渦正志、IMERUAT(イメルア~浜渦正志、MINA)のサポートメンバーとして国内のみならず、2012年ヨーロッパツアー、2013年香港ツアーにも参加。 ゴンチチ、中野力(はらから)のコンサート、ライヴにも参加している。浜渦正志作曲、スクウェア・エニックス「ファイナルファンタジーXIII」の戦闘曲、「閃光」のオリジナル奏者でもある。

楽曲制作、弦編曲やオーケストレーションも多く手がけ、その高い音楽性を評価されている。

◆主なプロデュース・参加作品はこちら >>